ETCカード選別ガイド - 高速道路を利用するときの料金を支払いをするときには、ETCカードが便利です。カードの種類はETC専用カードから、クレジット機能が付いたカードまでさまざまあります。

ETCカードの利点

2013年5月29日

便利なETCカード

ETCカードによる電子料金収容システムは日本では1997年に開始されたシステムですが、その効果は大きく、年々使用者は増え続け、今では大半の自動車で使用されるシステムになりました。

初期の頃は割引も非常に高く、ETCカード使用時のみ高速道路料金を一定の部分は1000円になった時期もありました。

ETC機器への補助も行われ、ETCを使用したくてもETCカードの発行やETC機器の手配に時間がかかる時代もありましたが、今では短期間でETCシステムの設置が出来るようになりました。

ETCカードのメリットは非常に大きく、料金の支払いをETCカードにする事で渋滞を緩和することが出来、料金所の人手も減らす事が出来るようになりました。

ETCマイレージに登録を行う事でポイントも獲得する事が可能で割引も可能になりましたので、使用が多ければ多い程メリットが大きくなります。

渋滞を緩和する事は走行時間も減らす事が出来ますので、ストレスや体力の低下を防ぎますしガソリンの節約にもなります。

一時停止から料金支払いは後続車への気遣いからストレスにもなりますので、ETCシステムを活用することでドライブをより楽しいものにする事が出来ます。

ETC機器の料金た初期コストとして必要になりますが、その分の費用は有料道路を使用している場合は簡単に元も取る事が出来ます。

それでなくても渋滞緩和と支払い時間を無くす、その二点だけでも十分なメリットがあります。

ETC機器の販売店では設置も依頼する事が出来ますので、一時間位で設置可能になっており今では使用も手軽になりました。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。